監修:社会福祉士 福島慎吾

※本サイトに記載した内容は、2017年9月時点の情報に基づいています。

SMAのある人が利用できる社会保障制度には、「小児慢性特定疾病医療支援」や「指定難病」など医療費をサポートするもの、「身体障害者手帳」や「障害者総合支援法」などのくらしや社会生活をサポートするもの、「障害児福祉手当」や「特別児童扶養手当」などの生活費をサポートするものなど、さまざまな制度があります。

医療費を
サポートする制度

多くの場合は、指定医療機関に、その疾病のために受診した場合の医療費だけが助成対象となりますが、なかには歯科治療なども含め、医療保険を利用したあらゆる診療が助成対象となる制度もあります。

くらしや社会生活を
サポートする制度

障害の種類や程度に応じてさまざまな福祉サービスを受けることができる障害者手帳のほか、手帳が取得できなくても利用できる制度があります。

生活費を
サポートする制度

20歳以上から給付が受けられる障害年金のほか、複数の社会手当があります。

SPI-JPN-0134